オシャレになりたくて改造したスカートが教室の真ん中でストンと落ちて、スカートの中身が丸見えに!

オシャレになりたくて改造したスカートが教室の真ん中でストンと落ちて、スカートの中身が丸見えに!

【性別】女性
【年齢】(大恥をかいた当時)
17歳
【職業】(大恥をかいた当時)
高校生

【住まい】(大恥をかいた当時)
共学の高校に通う女子高生でした。
高校は理系クラスだったので、男子生徒の方が多かったです。
おしゃれをしたくて制服を改造したり、メイクをしたり、校則を破って怒られることもたくさんありました。
休み時間は女の子のグループで毎日楽しく話していました。





【簡単に言うと・・・】
スカートがずり落ちた!

【恥をかくまでのいきさつ】
全国的には女子高生のスカートはミニスカートが主流だと思いますが、当時の大阪の女子高生は膝下の長いスカート丈が流行っていました。
制服のスカートをそのまま履くとちょうど膝下5cmくらいですが、これは当時の私達からしたらダサい丈で、膝下15cmくらいのミモレ丈にするのが最高にオシャレでした(ミニ派もいましたが)。
スカート丈を長くするために、スカートのホックをはずして腰履きにして所謂「腰パン」の状態にして、安全ピンでホックの部分を止めていました。
その安全ピンが外れてスカートがストン!と落ちてしまいました。

【恥をかいた内容】
休み時間は教室で友達の席に集まって話をしていました。
その日の休み時間も、友達の近くの席を借りてクラスの仲の良い女子5人くらいで盛り上がっていました。
チャイムが鳴ったので席に戻ろうと立ち上がり、数歩歩いたところで、スカートを止めていた安全ピンがはずれてしまって、ストン!とスカートが床に落ちてしまいました!
下には体育のハーフパンツをはいていたので、パンツ丸出しにはなりませんでしたが、教室の真ん中でスカートが落ちてしまったのはとても恥ずかしかったです。
急いでスカートをあげましたが、みんなが席に着き始めてる頃に教室の真ん中で起こった出来事だったので、かなり注目り集めてしまいました。
ちょうど先生も入ってきたところでした。




【恥をかいた時の心境】
とても恥ずかしくて穴があったら入りたい気持ちになりました。
女子だけでなく男子にも先生にも見られてしまったのが余計に恥ずかしかったです。
ただ、ハーフパンツをはいていて本当に良かったです。
はいていなければパンツ丸出しだったと思うと恐ろしいです。

【まわりの人たちの反応】
女子はみんな爆笑していました。
男子や先生も苦笑いでした。
次の休み時間は女友達にひたすらイジられました。
とはいえ、周りのみんなも同じようにスカートを改造していたので、みんなで強度や止め方を見直しました。
男子は気を遣って誰も触れてこなかったです。
午前中の出来事だったので、その日は一日中ひたすら恥ずかしかったです。




【結末】
その日は恥ずかしかったですが、冷静になるととりあえずパンツを見られなくて良かったなと思いました。
しかし、スカートを長く履くのが当時最高にイケてるファッションだったので、履き方を変えることはありませんでした。
安全ピンでをより強いものに変えました。
そして必ずスカートの下にはハーフパンツを履くことにしました。




【周りからの評価の変化】
評価に変化はなかったと思います。
校則に厳しい先生ではなかったので、制服の改造を怒られることもなかったです。
もともと自虐で笑いを取ったりするキャラクターだったので、全然問題はなかったです。
お笑いキャラに拍車がかかってしまったかもしれません。
あまり話したことのない男子にも、お笑いキャラだということを認知させてしまったかなと思います。




【笑い話にしたか】
今でも笑い話です。
10年以上たちましたが、毎年同窓会でネタになります。
今となっては男性陣も一緒にネタにしてくれます。
当時もことあるごとに、やばいスカート落ちる〜!と自分でギャグにして笑いを取っていました。




【学んだこと】
制服は正しく着ないといけないですね。
そもそも安全ピンにスカートを支える機能はないので、腰履きしたいならもっとちゃんとベルトなどを使うべきでした。



【当時の自分へのアドバイス】
制服は正しく着用すべきでしたね。
改造した制服はやっぱり耐久性が悪いです。
ただ、ハーフパンツをはいていたのは本当にナイスだったと思います。
今思えばスカートは短い方がかわいいと思うのですが、せっかくのピチピチの女子高生時代くらいミニスカートにしておけばこんなにハプニングはおこらなかったよなぁと思います。